不動産会社選びのポイント

不動産会社選びのポイント

不動産を購入する際は、どの不動産屋で購入するかというのも大事なポイントとなります。実は、一口に不動産屋と言っても、大手の不動産屋と、地域の不動産屋では特徴が大きく異なります。大手の不動産屋は取り扱う物件の範囲が広いこと、対応がマニュアル化されており信頼できることが特徴です。
一方、地域の不動産屋は、その地域に関して非常に詳しい知識を持っていること、人脈を活かして掘り出し物件を用意できることが特徴です。住む場所がそれほど明確化されていない場合は、大手の不動産屋と相談しながら物件選びを進めていくといいでしょう。
もし、住む場所が決っているなら、掘り出し物狙いで、地域の不動産屋を次々と見て回るのもひとつの作戦と言えます。この「区切られている」というのが非常に大事で、壁、天井、床によって他の部屋とは完全に独立していることが条件です。
また、それぞれの部屋が独立して機能する(マンションなら人が住める)ことも条件になっています。建物が立っている場所には敷地(土地)がありますから、不動産において建物と敷地は密接な関係にあります。区分所有建物の場合には、部屋という不動産と、敷地という土地の不動産に対する権利を、原則的に分離して扱うことができなくなっています。

不動産屋に行く前に簡単に把握するべき事

不動産屋に行って、賃貸や物件購入を検討している方は、簡単に把握していただきたい事があります。それは人気の地域かという事です。不動産屋が抱えている人気の地域ですと、他の地域と比べて土地なども高いですし、賃貸の家賃なども高く設定されがちです。
逆にあまり人気のない地域は、人気のある地域と比べて、土地の大きさが一緒でも安く購入する事ができますし、賃貸の家賃なども安く済みますので、経済的にかなりお得です。人気のある地域は交通の便がよかったり、近くに色んな施設などが揃っており、不自由のない生活を送る事ができる場合が多いです。不動産屋に行く前に、地域についての情報はある程度調べる事ができますので、調べていただきたいです。
不動産屋から逆に教えてもらう事もできますが、不動産屋に行く前にある程度情報として、色々と調べた方がいいです。

Blog

Calendar